2012年12月アーカイブ

最近はネットで色々な情報が飛び交っており、どうしても言葉の意味や違いを間違ってとらえてる方が多いようだ。

 

真面目な話をするような書き出しになってしまいましたが、今回は私の大好きな風俗、エロ話についての話です。

 

私は日頃、大阪のM性感風俗を利用しております。

 

わたしのように、M性感に良く行く人であれば、ご存知の方が多いと思いますが、「ドライオーガズム」という言葉。

 

逆に知らなければ、M性感に何を求めてるのと言われ兼ねません。

とろこが、最近はM性感に遊びにいくと店員も間違えて案内する。

「ところてん」という言葉があります。

 

みなさん、勘違いされてないだろうか?

「ドライオーガズム」「トコロテン」が同じものだと思っていないですか?

 

行為は似ておりますが、違うものなのでココで、はっきりと説明しておきたいと思います。

 

「ドライオーガズム」

①アナル(前立腺マッサージ)のみ刺激。ペニスが絶頂に達する。

②精液は出ない。

 

「ところてん」

①前立腺マッサージで刺激。ペニスが絶頂になる。

②精液が出ます!!!

 

ここです!②の項目が違います。

 

どちらの方が気持ちいいの?と聞かれますが、正直どちらも気持ちいいです。

しかし、違いを説明するのであれば、

「ドライオーガズム」は、持続的に快感を得られます。

「ところてん」は、射精してしまえば、それまでです。

 

また「ドライオーガズム」で快感を味わいながら、「ところてん」をすることも可能です。

この場合は両方の刺激を同時に味わうことができます。しびれるほどの快楽が得られます。

 

私は、大阪のM性感店でエネマグラを女性に使ってもらい、

「ドライオーガズム」プラス「ところてん」のコラボを体感しました。

それにより私のアナルは開発され、これなしでは期待通りの快感を得れません。

みなさんも、是非この快楽を目指して新たな開発に励んでください。

 

痴女フェチって渋谷のm性感の中でも本当に新しいお店とかで、夜のお仕事を探してた時に求人を見たんです。

 

お給料が凄くよかったので、もしかしたら危険な仕事なのかもしれないって思いながら、

それでも脳裏から離れなくてサイトをクリックしてみた。

えええええええーーーーーっ!って驚きながらも、そこで見る痴女のお姉さんたちはみな、美しくてカッコいい。

受け身の男の人が本当に翻弄されちゃってるのがわかる。

吹きかける吐息も

あやすようにささやく声も

チロチロ舌を這わせたり

甘噛みする仕草も

もう、、、、何ていうか。

女の私ですら見入ってしまうくらい色っぽいんですもの。

実際に触れられている男性が悩殺されない訳がない。

 

動画で見た痴女は、プレイに入るまではとってもチャーミングな女性なのに

いざその空間に入った瞬間、限りなく妖艶な痴女に変身し

悶える男性を焦らしながら、いやらしく言葉責めを繰り返す。

チロチロ舌を這わせながら吐息を吹きかけ、フェザータッチと呼ばれる指使いで全身に触れ、亀頭責めしたかと思えば寸止めを繰り返すなんて。

手で弄ばれた男の人が最後は女性のように乱れて男の潮吹き、フィニッシュするだなんて、何かすごく心惹かれてしまう。

っていうより、私もやってみたいって思っちゃった。笑。

 

きっとこの動画を見なかったらそんな自分に気づくこともなかったと思うけど、気づいてしまった欲望はやっぱり消えんよね。

いつもの私とは違う別のワタシが目覚めちゃったのかも。

あんな風に私も妖艶に、それでいて優雅に男性を翻弄してみたい。

OLでいる時間帯は心の中に隠しておいて、その瞬間に豹変する痴女のワタシを誰よりも私自身が見てみたいと思う。

大声で悶え快感に絶叫する男の人を見て舌なめずりをする、そんな私自身を想像しながら求人電話に今、コールしようとしている。

明日のワタシは痴女フェチでホントの痴女になっちゃってるかもねw

皆さん初めて風俗に行った時の事って覚えてますか?私はハッキリと覚えています。女性とのお付き合いも殆ど無く、若かったあの頃の私にはまず女性の裸自体が衝撃でしたから(苦笑)


しかし思い返すと初めての風俗で、遊び方のルールもろくに知りませんでした。あの時私の相手をしてくれた女性には失礼な事をしたのではないかと少し後悔しています。今なら女の子相手に気の利いた事も言えますし、ちょっとしたお菓子を差し入れたりなんかして印象を良くしたり...なんて裏技も使えるようになりました(笑)


因みに私の初めての風俗は大阪のデリヘルだったのですが、店に行けば直ぐ女の子と遊べる物だと思っていた私は「待ち合わせ型風俗」という存在をそこで初めて知りました。昔の風俗は店舗型のイメージですが、最近は店の外で待ち合わせて、女の子と2人でホテルまで歩いていくこのタイプが多いみたいですね。これが自分の地元なら誰に会うか分からないので怖い気もしますが、地元の滋賀から大阪まで足を伸ばして遊びに来ていた私にとっては人目を気にせず本当のデートみたいな気分が味わえて楽しかったです。相手をしてくれた女の子もまるで恋人みたいに腕を組んできて、一生懸命私に話しかけてきてくれました。御蔭で口下手な私も少しは会話が出来たと思います。


しかしプレイが始まると、つい自分の欲求が先走ってしまい、女の子に「痛い!」と怒られてしまったのです。誤ると直ぐに女の子は許してくれましたが、きっと良い印象ではなかった筈です。


そんな私も今では様々な風俗店に通って楽しんでいます。オナクラ、デリヘル、エステ、M性感等...ちょっとでも気になったお店には気軽に行ってまずは一度遊ぶことにしてます。何事も経験する事が大事ですよね!今気になっているのは「大阪痴女性感フェチ倶楽部」というお店です。そこまでマゾっ気の無い私でも綺麗な美女にいやらしく責められるシュチュエーションというのは十分魅力的です。ただあまり激しいのは...とも思いましたが、お店のHPにはこちらの希望をきちんと聞いてくれるとあったので安心して利用出来そうです。ちょっとの勇気を出せば、皆さんも新しい扉を開けますよ。


MTBlog42c2BetaInner

2015年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリ