2013年8月アーカイブ

皆さんは、アナルバイブというものをご存知でしょうか?
アナルとはお尻の穴のことを指す言葉であり、バイブというのは、バイブレータの略称で、
振動装置という意味の言葉であるので、合わせると、
お尻の穴に使用する振動装置という意味になります。


アナルバイブは、大人向けの性玩具です。
お尻の穴の中に挿入をした上で、振動させることで、性的な快感を得ることを目的として利用されます。


形状としては、男性器を模したような形状をしている場合や、
卵のような形状をしている場合などが多いようです。


サイズや振動機能の特徴などは商品ごとに異なっているので、自分に合ったものを選択すると良いでしょう。


アナルは、もともとは排泄のための器官であることもあり、最初は物を挿入しにくい場合もあるので、小さめのサイズの物から徐々に慣らしていくのがおすすめだと思います。


ちなみに、アナルは、女性だけでなく、男性にもある器官であることから、アナルバイブは男性にも利用できるものです。
パートナーの双方がアナルでの快感を味わえるように、バイブを使ってお互いの身体を開発し合うというのも、夜の営みを楽しむ上で良いかもしれませんね。

亀頭責めについての説明

男性の性感が最も集中している亀頭部分を責めるから亀頭責めと字のとおりですが、
けっこう奥が深いものです。


男性を射精に導くには亀頭部だけではなく、竿の部分を上下にしごく必要があるのですが、
竿には一切刺激を与えずに亀頭部部分だけに優しくて弱い性的刺激を与え続けるという
寸止め地獄という方法、精液が漏れそうになれば、刺激を中止して生殺しにするのです。


これはこれで苦しいのですが、まだ射精する可能性があるので救いがあります。
恐ろしいのは、そんな寸止め地獄から射精によって解放されたペニスを、
休ませることなく刺激を与え続ける第二弾の攻撃です。


射精をしたばかりで変に敏感になっているペニスの亀頭部に無遠慮に性的刺激を与え続け、
休むことを許しません。


こちらは寸止め地獄のときのような、優しくて弱い刺激ではありません。
ごしごしと強い刺激を与え続けるのです。


今出したばかりで次弾装填がまだですから、これには大の男が声を上げてよがってしまいます。
SMクラブなどでM男に与えられるプレイになります。

性感エステの魅力

現代流行りの風俗の一つに性感エステがあります。
これは、オイルやアロマ、パウダーなどを利用して女性のスタッフが男性の体全体や
性器をマッサージします。


その後女性スタッフの手や口によって男性を射精させるエステ店です。
よって通常のエステとは全く違う風俗なのです。


全国で都会を中心に増えているジャンルです。
ソフトな風俗として利用者は大変多く若い男性からも人気です。


女性スタッフは服を着ていることもありますが、様々な店舗があり、お店によりオールヌードの状態やトップレスの状態でマッサージを施してくれるサービスがあるお店もあります。


性感エステのお店をどのように探すかについては、専門誌を活用しても良いですし、
スマートフォンやパソコンをお持ちならインターネットで性感エステ情報サイトを利用すると
便利です。


サービスやオプションもお店によって全く異なりますので、情報をフル活用して調べておくと良いでしょう。
日頃の疲れもとても癒されますし、性欲も満たせるので一石二鳥です。


是非皆さんもちょっとライトな風俗性感エステを体験されてはいかがですか。

神戸の風俗で面白い部分といえば

味わってみると、ピンサロでもファッションヘルスでもかなりの刺激が受けられると聞きました。
もちろん私も男ですから、こうしたサービスをしてくれるお店は大好きです。


出張で兵庫県に行った時に味わった神戸の風俗は、サービスの質が高く、
濃いことで記憶に残っています。


ここにはかなり多くのお店があり、ソープ系からホテルでのサービスなども行う
お店がたくさんあったり、バリエーションが豊富です。


女の子の質が高く、全体的に高級感があって落ち着いている神戸の風俗は、
通う人の気持ちにゆとりを持たせてくれます。


ここにはそれが必ずあるので、お客が安心してゆったりと通うことができるようです。
もちろん経済力のあるお客が多いこともありますが、全体的にせかせかしていません。


たくさんのお店に行くと、兵庫県のお店の質がどれほど高いかが理解できます。
それは、ピンサロにせよデリヘルにせよ、一定レベルの基準が設けられ、
その意味を利用客みんなが知っているからです。

MTBlog42c2BetaInner

2013年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ